電子定款を作るために

電子定款を作るためには、電子的な署名が必要だということをまず理解する必要があります。

単に定款の文章を電子ファイルにしただけでは電子定款として認められません。その電子ファイルに電子的な署名をつけて初めて電子定款として認められるのです。この電子的な署名ですが、もう少し詳しく言うと、まず電子的な署名に相当する電子データが必要です。ちょうど、紙に朱肉で印鑑を押す場合も、まずは印鑑そのものが必要でしょう。それに相当するものが電子データです。これはマイナンバーカードに入っているICチップにその電子データを入れてもらうことができます。

次に、定款の文章を所定の電子ファイルにすることができるアプリケーションが必要です。このファイルは容易なことで書き換えられたりしては困りますから、ワードファイルのようなものではいけません。作成後は書き換えが不可能になるPDFファイルなどが適切です。そして、このPDFファイルに電子署名データをつけることになるのですが、ここにちょっとした問題があります。

一般的なacrobatreaderなどのアプリケーションでは、電子署名データをつける機能が備わっていません。このためにはより高価なアプリケーションが必要になるのですが、最近ではフリーソフトも見られるようになってきています。ただしまだ利用範囲が限られているために、本当に問題なく動作するのかについては若干不安も残るところでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *