電子定款は非常に便利

『電子定款』と聞いて皆さんはどのような事を想像していますか。

ちょっと難しいイメージでわかりにくい印象を持たれた方が多いでしょう。最近、会社を設立するのに『電子定款』サービスを利用して手続きをする方が増えてきています。では『電子定款』とはどういうものなのかご紹介して行きたいと思います。まず簡単ですが会社を設立する手続きに定款(会社の基本となる規則や設立理由や事業内容などを定める書類)を作成して役所へ申請をして手続きが進みます。その定款という書面の作成をパソコンで作成したデータで提出する事を電子定款という方法になります。

最近では会社設立の代行サービスにこの定款作成を代行と役所手続きなど諸手続きを代行するというサービスがあります。現在では、非常に沢山の代行会社があり、またこのサービスを利用するユーザーも沢山います。インターネットでもサービスの紹介をしている企業も沢山あり、だんだんと当たり前になってきています。実際に定款の作成は基本情報をまとめてお伝えするとあらかじめ決められたフォーマットに情報を入れていき書類が完成します。

電子証明書という手続きを済ませて役所にPDF化したデータ『電子定款』を提出して手続きが完了となります。メリットとしては楽に手続きが進む点と定款提出に伴う印紙代40000円分が以前の書類提出と比べて少なくて済みます。費用面でも非常にありがたい事です。こうしてみるとIT技術の発達で恩恵は現代の社会生活には多く存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *