会社設立は、代行してもらうことができます

会社設立には、様々な手続きや準備が必要となります。

資本金はいくら必要なのか、役所へはどのような書類を提出しなければならないのかなど、整理しなければならないことが山のようにあります。そんな手続きの全てを代行してくれるサービスを利用すれば、自分でするよりもより早く、確実に会社設立することができます。代行のサービスを行う運営元は、一般企業だったり、税理士や弁護士、行政書士と様々です。基本的には、どこに依頼しても問題なく初めから最後まで手続きを行ってもらえます。

しかし、契約内容はそれぞれの会社によって変わってくるので注意が必要になります。現在、ネットで会社設立の代行業者を検索すると、0円で代行すると宣伝している業者が多く見られます。ここでいう0円というのは、本来なら必要になる司法書士や税理士などの専門家の手数料が無料になるという意味です。従って、会社設立にかかる実費自体は自分で払う必要があります。

合同会社を設立する場合、収入印紙代、謄本手数料、登録免許税などは自分で払うことになります。株式会社を設立する場合は、それに加えて定款認証手数料が必要になります。代行を頼むことのメリットは、諸々の手続きを任せられることに加え、設立にかかる実費を安くすませることができる点にあります。キャンペーンなどで収入印紙代などの金額を割引してもらえる場合もあるからです。もし、少しでも安く費用を抑えたいと考えているのであれば、このような専門家に依頼するのが得策でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *