会社設立代行ではどんなことを任せられるのか

会社設立は実は個人でも簡単に行うことができます。

勿論、様々な決まり事がありそれを守りながら行っていくことが第一ですが、反対に言えばその決まり事を守りながら流れに沿って行けば、会社設立は可能だと言うことです。ただ人によってはたくさんの決まり事を知ること自体が大変だと感じる方も多いかもしれません。そのような場合に是非、利用したいのが会社設立の代行サービスです。この代行サービスを主に請け負っているのは司法書士や行政書士、税理士などです。

ではこうした専門職が、具体的にどのようなことを代行してくれるのかと言うと、これは会社設立時に必要な書類の作成が挙げられます。たとえば司法書士の場合は、登記手続きを代行してくれるのですが、この登記手続きに関しては司法書士のみができる分野となっています。加えて電子定款の作成も依頼をすれば代わりに行ってくれます。定款の作成は書類でも可能ですが、電子定款にすると収入印紙代の4万円が不要になると言うメリットがあります。それから行政書士の場合は、許認可取得の代行を行ってくれると言うのが大きな特徴です。

一部の業態においては許認可を取得しなければならないので、そのような際には行政書士に依頼をするとベストです。そして税理士ですが、これは税に関するスペシャリストですから、税関系の書類作成には非常に強いです。更に会社を設立した後にも、税に関する相談にものってくれます。いずれにしても、少しでも手間を省きたい、あるいは会社設立時から専門家との関係を築いておきたいと言う際には、こうした専門職に依頼をすると良いと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *