会社設立の代行を依頼する段取り

会社設立では色々な役所などに手続を行いますが、作成する書類作業も大変であるため代行を依頼して前に進める方が得策とされます。

ここで注意をすべきこととして通常は何カ所かの事業所に個別に依頼を行っていくことです。たとえば定款の作成や公証役場での認証申請は行政書士に、次の法人登記では司法諸寺にといった具合に、それぞれ士業が受け持つ分野は決まっています。その特長を良く把握の上で進めていくいくわけです。法人登記が完了した段階で会社設立自体は完了しますが、それ以降も社会保険や各種税金の申請などを行っていきますので、代行を依頼することも考慮します。

士業の事務所によっては複数の専門家が在籍をしていてまとめて依頼が出来る場合もありますが、通常は個別に事務所を構えておりそれぞれ別個に依頼をしていくものです。この士業への依頼に関しては、依頼者すなわち会社設立者が代行先との調整を行いながら、次の依頼者へ話をつなげていく必要があります。場合によっては次の士業に繋いでくれるところもありますが、依頼内容が終わればそこで契約も終わりますので、あまり期待出来ないことも多いです。

依頼者がその都度進捗状況を確認しながら、段取りを考えていくべきこととされます。順番に作業を進めていきその次の依頼内容などを確認していくことで、全体の作業状況を把握します。そのことが法人の設立を早めることに繋がり、作成や提出などの作業における停滞から免れるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *