電子定款のやり方について

電子定款は経営や運営などの目的や基本的な決まりを記した書類で、いままでは定款というものは紙で提出するものとされており、紙で提出した場合は印紙代として4万円かかりますが、電子定款ならその費用が必要ないというメリットがあります。

電子定款を作成時には、PDFファイルを役所に提出する際に代表者がつくったものであると証明する必要がありそのための承認プロセスとして、電子証明書等が必要です。次に、住民基本台帳カードが以前は必要でしたが現在はマイナンバーカードで行います。マイナンバーカードについてはプラスチック製のICカードが必要となります。これには、電子証明書が標準で搭載されているのでこれを利用するためにマイナンバーカードと印鑑をもって住民票の住所で記載されている自治体の窓口に行きます。

最期に、マイナンバーカードを読み込むためにそれに対応したICカードリーダライタが必要となります。特殊な機械が必要となるため、代行業者に頼むという方法もあるので、その場合は手数料がかかります。最後に電子定款を作ります。定款を作る際は紙と同じプロセスで造ることになります。定款には事業目的や商号などの確実に記載する必要がある事柄と取締役会の設置や公告の方法などを必ず記載しなければいけないというわけではありますが、記載する事で効力を発揮する事柄もあります。

そして、定款の中身の文章が出来たらそれを電子化します。電子化する際には定款に電子署名を入れて置き、法務省の申請用総合ソフトとPDF署名プラグインのダウンロードと電子証明書を利用するためのソフトをダウンロードし、そして、ICカードリーダライタをパソコンにつないで電子証明書が入っているマイナンバーカードを読み込んで電子署名を入れたら完成となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *